ブログトップ

綴る毎日

muziek.exblog.jp

音楽の事、成功の為の原理原則など、日々学んだ事・気付いた事を整理しアウトプットしています。 お役に立てそうな情報は持って帰って下さいね( ・ω・)ノ 連絡先→rustlex385@gmail.com

コントロール出来ない事に焦点を合わせると、何故苦しくなるのか?

○コントロール出来ない事に焦点を合わせると、何故苦しくなるのか?


例えば、自分の精神衛生の要因が他人の評価で有ったり、言動だったとします。

他人の評価や言動は、
結果として期待した通りのものが得られる事も有るかも知れませんが、
自分がコントロール出来るものではありません。

自分の精神衛生の可否を、コントロール出来ないものに委ねると、何が起こるか?

心の健康は保たれる知れないし、崩れるかも知れないし、運任せ、という事になります。

これでは、自分の一存で精神衛生を保てないという事になります。

この状態はリスクがとても高いですね。


基本的には、
自分がコントロール出来る所で心の健康を作ったり、
欲求充足が出来れば出来るほど、
欲求充足は効果が高いと思います。

しかし、どちらかが完全に悪くて、どちらかが完全に良いとという事でもないと思います。

人から評価されたり感謝されたら、嬉しいですよね?
それは、そのまま受け取ってしまって良いのではないでしょうか。

喜んでもらいたくて何かをする、という事も、大いに良い事だと思います。

ただ、それ『だけ』になると、リスクが高いかも知れません。

でも、それ自体は良い事だと思います。


要は、
精神衛生が安定的に保たれれば良いわけで、
いつも満たされている状態が出来れば理想です、という話です。

欲求充足の選択肢を沢山持っていて、
その多くがコントロール出来る事だと効果的かも知れません。

でも、
コントロール出来ない事で満たされる事をあえて完全に封印する事も無いと思います。

結果的に満たされるなら、それによって満たされる在り方もすれば良いし、
それとは別に、より効果的に満たされる方法(100%コントロール出来る事で満たされる方法)を
トレーニングして行けば良いのではないでしょうか。

コントロール出来ない事によって満たされる事を嫌い過ぎるのも、
不幸の要因の様な気もします。

どちらかというと、
それまでの行動習慣でありがちな欲求充足の形なのにも関わらず、
自分を責めてしまったり、後ろめたい気持ちになったりする事が有るからです。

人を承認し、人から承認される事は、
とても素晴らしい事だと思います。

人の為に何かをして、
結果的に肯定的なフィードバックを受ける事も素晴らしい事だと思います。

ただ、
肯定的なフィードバックを貰えない時にどんな解釈を選択するかは考えた方が良いかも知れませんね。

いずれにしろ、
大切なのは『白か黒』ではなく、
『限りなく境目の無いグラデーション』として扱えるかだと思います。

不幸な気分を体験する時の特徴は沢山有りますが、
その中の典型的な要素の一つは、良い悪いのジャッジを極端に決め付けている時かも知れません。
[PR]
by prerustle | 2014-06-22 01:57 | 選択理論とセルフコントロール